彼氏いない歴=年齢のオタク喪女が語る恋愛観

彼氏いない歴=年齢のオタク喪女が語る恋愛観
月野:

今日はオタク女子3人が集まって色々お話をしたいと思います。
ではまず自己紹介からお願いします。
年齢と彼氏いない歴と趣味お願いします。

レイ:

レイです。年は27歳です。
彼氏はいた事はないですね、三次元では。

月野:

三次元では(笑)?

レイ:

はい、二次元なら…。
あっ、趣味はイベントに行ってコスプレしたりとか、同人誌を買ったりとか、たまにカメラとかもやります。

月野:

お願いします。

夢見:

夢見です。
今29歳で腐女子とは逆の世界の、夢小説が好きな「夢見女子」って言われてる属性です。三次元も好きでナマモノって言われているいわゆる生きている人間。例えば声優さんとかニコニコ動画の歌い手さん、ゲーム実況者とかですかね。はい、そういう方たちが大好きです。

 

彼氏は高校生の時に3日間だけ付き合った人がいて、私の中ではカウントしていないんですけど、その人が最初で最後です。

月野:

なるほど、ありがとうございます。
えー、私は月野です。今35歳になります。
私の趣味は漫画ですね。今はオタクを卒業したわけではないんですけど、無事に良い出会いがあり結婚しています。
お2人は俗に言う喪女(モジョ)っていう形になるんですかね?

夢見:

そうですね。

レイ:

モテない女達、喪女ですね。

月野:

気になったのが、「夢小説」って何ですか?

夢見:

えっとですね、例えば好きなキャラや人物と主人公の恋愛小説なんですが、主人公の名前が自分の名前に置き換えられて、結果的に自分と好きなキャラや声優とのの甘いラブストーリーが読めるっていう。

月野:

なるほど、自分で書く訳じゃないんですね。

夢見:

実は自分で書いた事もあるんですけど、それは黒歴史なんで燃やしました。
夢小説ノートは(笑)

月野:

なるほど。

レイ:

声優さんは誰が好きなんですか?

夢見:

今熱いのはマモです。

レイ:

ちょっと一緒じゃないですか!宮野真守被りですか!?

夢見:

でも小野Dとか櫻井孝宏とか神谷浩とか緑川光とか、あの辺が大好きです。

レイ:

そうなんですね。

夢見:

レイさんとは結構近いものを感じますね。

レイ:

そうですね、結構イケメンが好きなんですね。

夢見:

イケメン好きですね。
なんかこう、雰囲気イケメンが好きなんですよ。

レイ:

宮野は雰囲気じゃないですよ、イケメンですよ(笑)

月野:

レイさんは何ですか?腐女子って事は?

レイ:

私は同人ですね。
夢小説とかも読むんですけど、結構BL系の同人が好きですね。

月野:

BL、読んだ事あります。

レイ:

ありますか?やっぱ良いですよね。綺麗な男と綺麗な男が交わり合うっていう。

月野:

すみません、私はちょっとNGなんですよそっち。

レイ:

そっちなんですか?残念ですね。

月野:

ちょっと小学校の時に間違えて読んだんですけど。

夢見:

でも私は多分それでオタクになった感じですね。

レイ:

私もそうですね。

月野:

ちょっと私は日向君と岬君の交わりは難しかったです。※キャプテン翼

夢見:

私は初めて幽遊白書だったんですよ。

レイ:

誰×誰ですか?

夢見:

たしか、飛影と蔵馬の。

レイ:

あー蔵飛ですか?!出た出た(笑)!!

月野:

…。

レイ:

あれ?ちょっと引いてる感がありますね。

月野:

いや、漫画は好きなんですよ?好きなんですけどね。

レイ:

BLがダメなんですね。

月野:

そうですね。でも一時期見てた事もあります。

レイ:

百合はどうですか?

月野:

百合の方がまだ綺麗な感じはありますけど、理解には苦しみますね。

レイ:

BLも綺麗ですよ。

月野:

え〜本当ですか?

夢見:

私どっちかというと乙女系レーベル、レディコミとかあっち派。

レイ:

どんなのですか?

夢見:

普通のノーマル系でちょっと官能的なやつ。

レイ:

あーちょっとえげつないやつ。

夢見:

けっこう直球でドエロいやつですね(笑)

月野:

凄い昔は、絶愛とかいうBL漫画が流行った事ありましたよ。

レイ:

絶愛?何ですかそれ?

月野:

まだBLとかいうジャンルが存在しない頃、マーガレットとかに載ってましたよ。
健全な女子中学生たちが読むようなやつに載っていました。
男性アイドルと綺麗めマネージャーの恋物語みたいな。

レイ:

うたプリじゃないですか。

月野:

男性同士です。

レイ:

昔も今もアイドル系は人気なんですね。

月野:

そうかもしれないですね。

彼氏いない歴=年齢のオタク女子、ぶっちゃけ彼氏欲しくないの?

彼氏いない歴=年齢のオタク女子、ぶっちゃけ彼氏欲しくないの?
月野:

お2人共ほぼ付き合った事はないって事ですよね?

レイ:

三次元はそうですね。

月野:

二次元の彼氏とは付き合ってる?

レイ:

二次元とはもう長いですね(笑)

月野:

ちなみに誰と?

レイ:

一ノ瀬トキヤと7年くらい付き合ってます。※うたの プリンスさまっ

月野:

長いですね(笑)お互いに一途ですね。

レイ:

そうですね(笑)7年は嘘ですね、5年くらい付き合ってます。

夢見:

私も脳内彼氏は30人くらいいるんですけど。

月野:

多いですねまた。

夢見:

脳内ビッチで。

レイ:

ヤバイ!ビッチですね。
私ちょっと一途なんで。

月野:

リアルに男性と恋愛したいとかっていう願望はないんですか?

レイ:

したいんですけど何ですかね?会えないというか会わないというか、何処にいるというか。

月野:

出会う環境がない。

レイ:

そうですね、結構そういうオタク系のイベントで異性はいっぱいいるんですけど、同じカメ子やってる人とかレイヤーさんとか。
でもそれが恋愛に発展するかって言われると、全然そんな事ないんですよね。

月野:

コスプレイヤーの追っかけとかいないんですか?

レイ:

追っかけっていうかカッコ良い的なのはいるんですけど、でもそれはちょっと恋愛対象にはならない。

夢見:

だって女の子のパンツとか撮ってる人と付き合いたくないですよ!!

レイ:

いやいや(笑)パンツばっかりじゃないですけどね、撮ってるの。でもちょっとないですね。

月野:

温もりが欲しいとかないんですか?

夢見:

ありますよ!!!!!!

月野:

二次元だとどうしても温もりっていうのが。

レイ:

冷たいですよね。

夢見:

はぁ、抱き枕が冷たい…

レイ:

自分の体温で温かいみたいな。

夢見:

枕にキャラ物のシーツをこう…。

月野:

ありますね。

夢見:

それが、冷たいんですよ。

レイ:

トキヤがいつもベッドで待ってるんですけど。

夢見:

いっつも冷たい腕で待っててくれてるんですよ(笑)

レイ:

あれが温かかったら良いですね。

夢見:

そうですね、何かそういうの欲しいですね。

月野:

寂しくなったりとかはしないんですか?

レイ:

寂しいですよね。私は寂しいです。

夢見:

寂しいですね。寂しくなったらドラマCD聴いて、胸のトキメキを補充してます。

レイ:

分かります。乙女ゲームやってます。

月野:

2人共リアルな彼氏は欲しいけど、あんまり出会いがないみたいな感じ。

夢見:

そうですね。

レイ:

そうですね、でも正直乙女ゲームにハマっている時は寂しくないんですけどね。
やり終わってふと寂しい、ってなる時はありますね。

月野:

そっか、永遠じゃないですもんね。

レイ:

そうですね、一周しちゃうと現実に戻りますね。

月野:

同じセリフしか言わないじゃないですか。

レイ:

そうそう、そうね。

月野:

ちなみにどんな彼氏が欲しいとか、理想像はあるんですか?

レイ:

どうですか夢見さん。

夢見:

私は趣味を受け入れてくれる人が良いので、そうするとやっぱり同じオタクな人になっちゃうかなって気はしてますね。

レイ:

何オタだったら良いんですか?

夢見:

もう私の声優好きとかを許してくれるんだったら良いので、向こうも女声優が好きだったりとか。

レイ:

じゃドルオタ系の人とか?

夢見:

あーーっ、アイドルか・・・。

レイ:

アイドルはダメなんだ?

夢見:

アイドルは自分が負けた気がして辛いかなって思っちゃうんですよね。

レイ:

でも結構声豚っていうか、声優さん好きな男の人も同じじゃないですか?LIVEとか行くし。

夢見:

そっかーーそうですよね。だからそこは割り切ってお互い好きなイベントに1人で行くしかないのかなって思うんですけど。
あとはやっぱりニコ動とか好きなので、超会議とか一緒に行きたいですね。※ニコニコ動画主催のイベント「ニコニコ超会議」

レイ:

良いですね、分かる。

月野:

でも私かにこういうのもなんですけど、2人の趣味を理解してくれる男性っていうのは多くはないですよね、多分。

レイ:

そうですね、やっぱり同じ趣味の人とかですかね。

月野:

今まで好きになった人で、あんまり上手くいかなかったから彼氏にはならなかったって、そういう経験はあるんですか?

夢見:

内気すぎて全然話しかけられなくて…。はぁつらい。あの、仕事の関係でちょっと良いなって思う人がいたんですけど、なんかもう片思いでどうしていっか分からず仕事のままで終わりましたね。

月野:

ちなみに高校生の時に3日付き合ったって言ってたじゃないですか?
何でそれは3日で終わったんですか?

夢見:

分からないんですけど、急にやっぱ違うからゴメンって言われて。

レイ:

何その勘違いだったみたいな。

夢見:

何ですかね?返品された感じ。

レイ:

まだ10日以内だったらね。

夢見:

クーリングオフ?(笑)いまとなっては罰ゲームだったのかな?って思うんですけど。

レイ:

あー辛い!マジか・・・。

月野:

そうなんだ、その時になんか手を繋いだりとかあったんですか?

夢見:

あの、帰り道に声かけられて、実は気になってたから付き合ってって言われて。

月野:

向こうから言われて?

夢見:

そうですよ!!最初で最後の告白。

レイ:

ちょっと罰ゲームじゃない!?

夢見:

ですよね?手を繋がれたから、顔真っ赤にしながら帰ったんですけど、2日は手繋がなくなって、3日目に家の前でフラれたんですよ。その後クラス替えまですっごい気まずい半年過ごしました。で、うちの高校は成績順でクラス決まるんで一緒にならないようにめっちゃ勉強しましたもん(笑)

月野:

なるほど。

夢見:

なんですかね?手汗凄かったんですかね?

レイ:

オタク臭かったみたいな(笑)

月野:

まだ趣味が分かる前って事ですよね?

夢見:

そうですね。その時は普通の漫画好きだったんですけど、学校では全然ばれていなかったですし。

月野:

ちなみにそういう趣味ってオープンにしている感じなんですか?友達だったりとかに。

レイ:

私の友達は本当にレイヤー友達とかカメラマンの友達とかそっち系なんで、逆にそこら辺界隈の友達しかいないから世界が狭いというか。オープンにはしていますけど。

月野:

なるほど、そしたら結局そこからの紹介とかになると、ちょっと対象にならない人達が多いって事じゃないですか。

レイ:

そうなんですよね。結局そこから恋愛対象っていうのが無理なので。

月野:

夢見さんはどうなんですか?

夢見:

私が1番仲良いのは、同じ属性の一緒の声優のイベントに行くような子達ですね。年に1回くらい会う学生時代の友達には隠していますね。

月野:

友達からの紹介とか合コンとかはあんまりないですか?

夢見:

合コンって何ですか?美味しいの?ってレベルですよ…

レイ:

この年になると結構もうなくないですか?

夢見:

してないですね、というか、友達も喪女ばっかりで(笑)
一般人の友達とはFacebookでいいねを押し合う仲みたいなレベルなんて、合コンなんて絶対呼ばれません。なんか住む世界違うし。

オタク喪女たちの理想の彼氏は?

オタク喪女たちの理想の彼氏は?
月野:

結局はなし戻りますけど、どんな彼氏が欲しいとか。

レイ:

どんな彼氏が欲しいですかね?でもやっぱり趣味の理解をしてくれる人。

月野:

やっぱりそこ、2人共そこ。

レイ:

そこを理解してくれないとなると、結構厳しいかなって。
カメラとかコスプレとかって結構お金かかる趣味だし、土日も使うんですよね。
だからそこ理解してもらえないと、こっちも趣味続けられないしみたいな。
その代わり向こうがどんな変な趣味持ってても、私は割と受け入れるつもりはあるんですけど。

夢見:

鉄オタとかミリオタとかいけますか?

レイ:

ミリオタだったら全然良いですね。
逆にミリタリー貸してもらって私がミリオタコスするみたいな(笑)

夢見:

一緒にサバゲとか行けますか?

レイ:

サバゲー行きたい!

夢見:

じゃ結構いけるんじゃないですか?
ミリオタって結構男ばっかりなんで、その中に女性が入ったらモテそうじゃないですか。

レイ:

いるんですよ、レイヤーで結構。

夢見:

いるんですか?

レイ:

サバゲー行く人いるんですけど、私の周りには誘ってくれそうな人いないんですよね。

夢見:

そう言えばサバゲー街コンって見た事ありますよ、私。

レイ:

何ですかそれ?

夢見:

サバゲーの街コンです(笑)

レイ:

サバゲーしてたら出会いなくないですか?だって持ってるし話せなくない?

夢見:

でも自己紹介してから皆でサバゲーやって、あっ!好きィ・・・みたいな?(笑)

レイ:

いやいやいやいや!え?弾当たっちゃった!みたいな(笑)

夢見:

君のハートを狙い撃ちみたいなそういう。

レイ:

あー鬱陶しい(笑)絶対無理。

夢見:

でもそこは男性8女性2とかの写真を見たんで多分モテますよ。

レイ:

なんかでもあれなんですよね、姫系っていうか何ていうんですかね?
ああいう扱い鬱陶しいんで。

夢見:

オタサーの姫的な?

レイ:

オタサーの姫的なやつ嫌ですね。その比率が割れそうなやつは。

夢見:

えー?でも私憧れるんですけど(笑)姫。

レイ:

レイヤーになれば良いじゃないですか。

夢見:

レイヤーの姫って結構可愛くないとなれなくないですか?

レイ:

変なのいっぱい寄ってくると思いますよ。

夢見:

さすがに私29歳なので、結婚を考えないといけないんで、変な趣味の人とは付き合えないかな?

月野:

じゃ、どんな人と付き合いたいですか?

夢見:

うーん、結局のところ、ぬるオタが良いですね。ガチオタはきついですね。あ〜それ知ってるけど見たこと無い、どうなの〜?くらいな。ガチオタの1の言葉に対して100で返してくる感じあれキツイ。

恋人は「ぬるいオタク」くらいがちょうどいい?

恋人は「ぬるいオタク」くらいがちょうどいい?
レイ:

まーそうですよね、私の趣味寛容で興味も持ってくれて会話が出来て、でもガチオタ特有のこだわりとか執着みたいなものは無いレベル。

月野:

ぬるオタと出会えるようなきっかけがあったら、ちょっと恋愛したいかな、みたいな感じ?

夢見:

あ〜〜いいっすね!

月野:

それで例えば今よくあるオタク婚活とか、そういうのって良いんじゃないですか?

夢見:

オタ婚ですよね?ああいうのってどうなんですか?どんな人がいるか分からなくてちょっと勇気が出ないんですけど。

レイ:

オタクって一概に言っても、アニオタとかドルオタとか鉄オタとか、本当にいっぱいあるじゃないですか?
だから何オタが来るの!?みたいな。

夢見:

アキバ系?みたいな。

レイ:

何系のオタク?みたいな。

月野:

オタク婚活も色々な業者がやってるから、ガチオタが来る業者とかもあるんですよ。
ガチオタが結構集まるオタク婚活をやってるところもあるんですけど、そうじゃなくて一般人の中でちょっとプチオタクみたいな、まさにぬるオタですけど。

夢見:

ほーーーん。良いですね?

月野:

一般の婚活パーティーの中のオタク婚活みたいなのだと、見た目は普通の人達で、趣味はゲームだったりアニメだったり漫画だったり、それこそ女子だったら腐女子とかもいるだろうし夢小説が好きな人とかも多分いると思うんですけど。
そういうサブカル好き限定みたいな。

夢見:

へー。そっか、アニメ好きとかゲーム好きだったら、私は声優目線で楽しめるからアリですな。彼氏は普通に作品として楽しみつつ、私は声優当てゲーム出来るんでw
一緒に映画みたりゲームしても楽しめそうだし。

レイ:

ゲームが好きだと、割とコスプレに寛大な人が多いイメージですね。
ゲームのコスプレとかもするんですよ、キャラの。
そういうところで私このコスプレやってるよって話すと会話が広がるイメージ。

夢見:

まぁ、喪女なんで妄想上は広がりそう、実際はお察し…。

月野:

そういうコスプレ好きなコスプレイヤーじゃなくても、コスプレの女の子好きっていう男性は普通にいますよね。

夢見:

いそうですね。

月野:

そういう時だけこれ着て欲しいとか。

レイ:

全然しますけどね。お任せあれですけどね。

月野:

婚活パーティーでさすがにそういう会話はできないと思いますけど。

レイ:

そうですね。でも全然免疫がない人よりは、オタク要素入ってる人だったら良いですね。

夢見:

広く浅くだったら会話がしやすいというか。
なんかガチオタって、特定の作品だけ詳しかったりするじゃないですか?

レイ:

その特定の話しかしないですよね。

夢見:

だから広く浅くの方が話しやすい。

レイ:

確かに。

アニソンバー、アニソンカフェ、ぶっちゃけどうなの?出会える?

アニソンバー、アニソンカフェ、ぶっちゃけどうなの?出会える?
月野:

アニソンバーとかアニソンカフェとかあるじゃないですか?
そういうのとかには行かないんですか?何か出会いがありそうだけど。

夢見:

あれ1人で行けますかね?友達と行かないとダメですか?

レイ:

アニソンバーってあれですよね?メッチャカラオケですよね?

夢見:

カラオケらしいですね。
ちょっと調べた事あるんですけど。

レイ:

この辺にもありますよね?

夢見:

あります、そういえば。

レイ:

そうそう、あるんですよ。
中に入ってカラオケでアニソンを歌うんですけど、基本的にはそれを皆で聴くっていうプチLIVEスタイル。

夢見:

自分がLIVEできるみたいな感じですよね。
皆オタ芸やってくれるっていう。

月野:

楽しそうじゃないですかそういうの。

夢見:

楽しそうですね、オタサーの姫味わえるかもしれない。

月野:

そうそう、姫味わえるんじゃないですか。

レイ:

でも私音痴なんで(笑)

月野:

そしたらちょっと厳しいかもしれないですね。

夢見:

でもアニソンカフェの写真見たんですけど、男性客が小太りのおじさんみたいな感じで、私の好みじゃなかったですよ。

月野:

ちょっとガチオタ寄りの男性が多いって事ですね。

夢見:

店員さんが可愛いから遊びに来てる、みたいな。ちょっとキャバクラ感覚?

月野:

そういうガチオタの男性って、やっぱちょっと小汚い感じの人が多いイメージありますよね(笑)

夢見:

なんかTシャツとかがダサくて。

レイ:

そうですね、結構コミケとかも私行くんですけど本当にテンプレみたいな感じですね。
そんな感じの人はちょっと。
なんかアニクラってあるんですよ。

夢見:

アニメクラブですか?

レイ:

そうそう、踊る方のクラブ。アニメクラブに行った事あるんですけどアニクラは逆に皆お酒飲んでて、皆本当にベロベロみたいな感じで逆に出会いがないみたいな。

夢見:

なんか変な出会いはありそうですね。

レイ:

そうそう、結婚に繋がる出会いは絶対にないだろうっていう客層なんですよね。

月野:

なるほど、レイさんも結婚願望はあるんですか?

レイ:

いずれかは。
孤独死とかはしたくないじゃないですか?

月野:

そうですね。

レイ:

ちょっとこのままだと危うい匂いが。

月野:

二次元彼氏は助けてくれませんからね。

レイ:

そうなんですよね。

夢見:

でも最悪ソロウエディングで二次元彼氏と式挙げようかな、みたいな。

レイ:

辛い。

夢見:

最近ソロウエディング流行ってるらしいんですよ。

レイ:

ソロウエディングってどんなのなんですか?

夢見:

1人で結婚式やるやつです。
30万位かかるんですけど。

レイ:

それはウエディングドレス着たいっていう喪女の為の?

夢見:

そうです、まさに。
本当はオタク結婚式挙げたいですけど。ドラクエのBGMとかけてドラクエのケーキとかやってるじゃないですか。

レイ:

私、知り合いがレイヤー同士で結婚したんですよ。
参加したんですけどあれですよ、衣装替えの時に2人共コスプレして入ってきてメッチャ良いって思いました。

月野:

でも確かにそういうのって楽しそうですね。

レイ:

楽しそうだし幸せそうだなって思いました。

月野:

確かに趣味が合う2人だとそういうの楽しそうですね。

夢見:

子連れでイベントとか来てる人憧れるんですよね。

月野:

子供欲しいとかの願望ありますか?

夢見:

子供欲しいです。

レイ:

三次元と結婚できたらいずれかは。

月野:

でも子供欲しかったらソロウエディングとか言ってる場合じゃないじゃないですか。

夢見:

アイター!!!そうなんです。もう来年ミソジ!三十路で夢乙女イタイっす。

レイ:

夢見さんは結婚するとしたらいつまでにしたいんですか?

夢見:

でも結構ギリギリヤバイなって思い始めてるんですよ。29歳で。
早生まれなので来年30歳になるんですけど。

レイ:

じゃ結構・・・。

夢見:

だいぶヤバイですね、35歳までには子供産みたいんで。

レイ:

え?ヤバくないですか?

夢見:

あと猶予が1年くらいしかないんじゃない?っていう。

月野:

そうですね。出会って結婚するまでに1年2年かかるとして、妊娠して子供産むのにまた1年だし。だから、あと1〜2年で決める。

夢見:

ちょっと親に孫の顔を見せないとヤバイっていう気持ちもあって。

レイ:

本当にソロウエディングとか言ってる場合じゃないですよ。

夢見:

ですよね。ドラマCDとか聴いてキュンキュンしてる場合じゃないですよね。
リアルで「いいから目つぶれよ」とかささやいてチュウしてくれる人見つけないと。

レイ:

ファーーーハードル高い。

夢見:

カラオケで千本桜とか歌ってくれる彼氏とか。

レイ:

最高。じゃ歌い手?

夢見:

ああーっと歌い手はチャラそうで嫌っす (笑)

レイ:

えー、じゃほんとどこで出会えるんですかね?

月野:

例えば恋活アプリとか知ってます?

夢見:

聞いた事はあります。
なんかTwitterでメッチャ広告見るんですよね。

レイ:

凄いある。

月野:

ペアーズとかOmiaiとかタップルとかそういうやつなんですけど、結構簡単にできるんですよね。
アプリダウンロードしてちょっとプロフィール入れれば、あとは凄いたくさん色んな人からアプローチがきますよ。
「いいね」って言って。

レイ:

月野さんは結婚されていますけど、旦那さんとはどこで出会ったんですか?

月野:

実は、出会いはさっき言ったオタクの婚活パーティーです。

レイ:

そうなんですか?

夢見:

旦那さんもそっち系の趣味をお持ちで?

月野:

そうですね、私は漫画ですけど彼はゲーム好きですね。
私ゲームもするんですけど、お互いの趣味を教え合ってやってるところとか、読んでるところ見てるんで、そのうちにちょっとずつお互いの趣味を分かり合って、少しずつ一緒に楽しめるようになってきましたね、最近。

夢見:

なんか良いなー。結婚したい。彼氏欲しい!!!!!

レイ:

そういうオタク婚活で出会った人とデートとかってどんな感じだったんですか?

月野:

デートは、向こうがさっき言ったゲームオタクだから、家で2人でゲームしたりとかもあったし、あとはゲーセンに行ったりとかもあったし、普通に遊園地に行ったりもしましたよ?

 

でも私が好きだったデートは、ネットカフェに行って、ツインっていうかペアシート?2人くらいのブースに入って私は漫画を読んで彼はゲームをするみたいな。そういうお互いの趣味をやりながら、ちょっとした狭さが良いんですよね。

夢見:

ちょっとだけの空間、ちょっと触れ合いながら。

レイ:

温かいなー。

月野:

それで私がマンガ読み終わったら、取りに行く時に飲み物いる?とか言って。

夢見:

うっわーー超リア充ですね。

月野:

あれは楽しかったですね。

レイ:

そんなのゲームの中でしかやった事ない。

夢見:

そうですね。脳内でしか。夢小説ではよく行きました(笑)

レイ:

乙女ゲームではそのルートありました。
良いなー。

月野:

私漫画すごい好きだから、部屋に入ったらドア開けて直ぐの真正面の壁に本棚があるんですけど、壁一面全部漫画なんです。

夢見:

へー凄い!

月野:

開けても閉めても漫画みたいな(笑)

夢見:

重なるタイプの(笑)

月野:

結構あれに引く男性って多くて。また量も凄いから。
私の部屋に連れてってどういう反応するのか?っていうのが割と1つの壁で。

夢見:

なるほど。

レイ:

じゃ結構何人かお部屋に連れて行かれたって事ですか?そんなに出会ったって事ですか?

月野:

そうですね。私普通に恋愛はしていたので。

レイ:

私達とは違う次元で生きていた。

月野:

すみません、三次元のリア充で。

レイ:

なるほど。ネト充とは違いますな。

月野:

でもそれでも、漫画の趣味を理解してくれない男性っていうのは結構いました。

レイ:

何を読むんですか?逆に漫画のどんなのを読むんですか?

月野:

結構何でも読みますね。
少女漫画から少年漫画も青年漫画も、何でも読みますね。

レイ:

青年漫画とか少年系とかだと、男性からの食いつき良さそうですけどね。
やっぱ量が問題なんですかね?

月野:

量も問題だし、結構青年漫画ってエグイ奴もあるじゃないですか?
エグイ内容のやつとかそういうのを読んでいる女子って、結構抵抗があったりするらしいんですよ。

夢見:

結構人がポンポン死ぬやつとかありますもんね。

月野:

そうそう、ちょっとグロかったり、性的描写の激しいやつとか。

レイ:

私は好きです。

月野:

女子だって普通に読むじゃないですか?でもそういうのはAV見てるような感覚なのかな?

レイ:

AV?そんなレベルなんですね。

月野:

知らないけどね、多分そういう捉え方。

レイ:

ちょっと異常な捉え方、普通じゃないみたいな。

月野:

そうそう、普通じゃないみたいな。

レイ:

じゃ私なんて全面AVみたいな(笑)

夢見:

歩くAV(笑)

レイ:

歩くビッチみたいなもんじゃないですか。

夢見:

彼氏いた事ないのに(笑)

月野:

でも喪女ですっていう。

レイ:

そうですよね。

夢見:

だからやっぱりオタクじゃないとダメだな、これは。

レイ:

難しいですね。

夢見:

婚活パーティーで出会って、本当に恋愛モードになるものなんですかね?

レイ:

どんな空気感なのかが分からないですね。
出会いの1つなのか、カップリングしたらもう恋愛モードに入るのか?みたいな。どうなんですか?

月野:

正直私の今の旦那はあんまり恋愛経験がないんですよ。
割とさっき乙女ゲームとか言ってたじゃないですか?ああいう系もやってたくらいの感じ。

レイ:

え?腐男子なの!?

月野:

なんだろう?そんなに女性経験がなくて、付き合った経験がなかったみたい。

レイ:

え!?マジですか、童貞ですか?

月野:

そうだよね?言ったら童貞だよね。
だからなんか割と手ほどきしてあげた感が。

夢見:

でも童貞と処女が付き合うってどうなんですかね?ちょっと前に進めない気がしてきちゃう。

レイ:

小学生のデートみたいな感じ(笑)

月野:

でも私思うんですけど、逆にそういう男性って、女性をマドンナじゃないですけど聖女扱いするところあるじゃないですか?
だから今まで付き合った事がないくらいの人の方が、女性を大切に扱ってくれるんじゃないですか?

夢見:

ああ〜〜イイ!お互い元彼氏、彼女がいなければ変な嫉妬とかしなくて済むし、浮気とかはしなさそうですよね。

月野:

浮気とかはしなさそう。

夢見:

だって私達と同じように、今までずっと恋人ができなかったって事は、この人逃したら次はもうないぞって思っちゃうと思うんですよ。

月野:

お互いに思っちゃいますよね(笑)

夢見:

そうすると離れられないみたいな。

レイ:

しょうがないから結婚しよう!みたいな(笑)

夢見:

それ良いですね、早く結婚できるかもしれない。

月野:

でも私の場合はたまたまだったんですよ。
そんな風に全然見えない人で、本当聞いてビックリみたいな。え!?マジで!?みたいな。

夢見:

実は初めてなんだよね、みたいなそんな感じですか。

月野:

そうそう、色々勉強はしてたみたいですよ?ネットとかで(笑)

レイ:

そりゃそうですよね。

月野:

そうそう、だからそういう素振りは見せなかったんだけど、実はそういう人で。でもそういう人は逆にまれだと思います。
私が行った婚活パーティーだと、多分普通に恋愛経験をしている男性の方が多いと思います。

夢見:

でも、今聞いて全然有りだなと思いました。

レイ:

童貞OK?

夢見:

OKOK!大歓迎!
むしろ逆にこの年まで彼氏いなくて処女っていうのは引かれるんじゃないかな?って不安があって。
逆に良いかもしれないですね、お互いに初めての方が。

レイ:

割とそれがネックになって進めないところもありますよね?

夢見:

ありますよね、なんか引かれそう。

月野:

処女好きの男性も多いですけどね。

夢見:

でも29歳ですよ?ミソジですよ?

レイ:

27歳ですよ。

夢見:

10年前ならまだしも、もうすぐ魔法使いですよ。

レイ:

本当ですよ、もう妖精くらい。

月野:

じゃ魔法使いになる前に。

夢見:

そうですね、彼氏作りたいですね。
30歳までに。

月野:

彼氏作らないと。

レイ:

親からも最近ちょいちょいメールとか来るので。
あんた最近どうなの?って、良い人いないの?って彼氏いないの?みたいな。

月野:

もし三次元の男性とのやり取りが困るとかだったら、まずは恋活アプリ始めてみて、そこで免疫つけるっていうのは有りなんじゃないかなって思う。

夢見:

確かに、メールだったら私結構モテる自信ある。

レイ:

分かる。

月野:

文字だけのやり取りだと結構楽でしょ?

レイ:

文字だけだったら全然猫被れますね。
なんか喋り出すとオタク特有の喋り方っていうか、ちょっと緊張するせいで舌が回らなくなるというか。

月野:

どもっちゃいます。

レイ:

あ・あ・あみたいになっちゃうから、結構メールだったら頑張れそうな気がする。

オタクでも恋愛できる「恋活アプリ」どう?

オタクでも恋愛できる「恋活アプリ」どう?
月野:

私も恋活アプリ2つ使ってて。ペアーズとOmiaiっていうのがあって、ペアーズはコミュニティがあるんですよ。
何々好き、のようなmixiみたいなコミュニティがあるので、例えばアニメ好きとかゲーム好きとか、そういうコミュニティに入ればそういう人達が集まってくるんで、そこからアプローチしていくっていうのも有りだと思います。

夢見:

へ?じゃもうオタクの人と100%出会える?

月野:

そうそう、初めから相手がオタクって分かった状態で出会える。

夢見:

良いですね。何のアニメ好きですか?みたいな話から始めて、そこからアニソン歌いに行きましょうみたいな。

レイ:

へー、マジか。

月野:

そういうやり取りも有りだし、ペアーズはメッチャ人がいるから。

レイ:

写真はあるんですか?

月野:

写真あります。
顔写真じゃない写真を載せている人もいるけど、大抵顔写真を載せてますね。

夢見:

イケメンとかいますか?

月野:

いるいる、メッチャいる。
何でこんな人が!?って逆に思うくらいのイケメンが結構多いです。

レイ:

小汚くないって事ですか?(笑)

月野:

小汚くない。

夢見:

爽やかイケメンですか?

月野:

爽やか青年がいっぱいいますよ。

レイ:

マジか。

夢見:

でも自分も顔写真載せなきゃいけないんですよね?
なんか詐欺写的な(笑)

レイ:

大丈夫ですよ。今色んな盛れるのがあるから(笑)スノーとか使っちゃえば良いんですよ。

夢見:

ちょっと〜〜まじですか?あれですか???うさ耳ピョコンみたいな。

レイ:

うさ耳ピョコーンって。

月野:

あんまりやり過ぎると(笑)あれかもしれないけど。

レイ:

年もあるしね。

夢見:

三十路オタク女のウサミミ写メやばくないですか?殴られそう。でも良いですね、恋活アプリ。

レイ:

それ料金的にはいくらくらいかかるんですか?

月野:

ペアーズは完全無料で、Omiaiも女性は30歳になるまでは無料だから、今のうちに始めた方が良いと思う。

レイ:

夢見さんはOmiaiから始めた方が良いんじゃないですか?

夢見:

あーっ、そうですね。来年までしか無料じゃない。

月野:

いや、同時にやっても良いと思いますよ?
私が見ている中ではペアーズよりもOmiaiの方がイケメンが多い感じ。
そして明らかに高年収が多い。
本当色々いるけど600〜800万くらいの人もいれば、1200万〜っていう人もいるし。

レイ:

え?職業とか何ですか?

月野:

自営業の人もいるし、会社の役員だったりとか。

夢見:

社長ですか?

月野:

社長じゃないけど役員、でも社長の人もいますよ。

レイ:

そんな人が私に会ってくれたりするんですかね?怖い。

月野:

でも結構プロフィールが詳しく書いてあって、趣味とかもあるんですよ。
そこに例えばアニメ好きとか漫画好きとか書いている人がいるから。

レイ:

じゃ探せば社長でアニメ好きが見つかるかもしれない。

月野:

いると思いますよ、全然。

レイ:

ヤバイ!急に理想が高くなっちゃった(笑)

夢見:

爽やか系の高収入イケメンとデート!!!胸熱!!
でも良いですね、やっぱりお金あったら自分の稼いだお金は自分の趣味にお金使えるじゃないですか?生活費だしてもらって(笑)

月野:

これは予想だけど、Omiaiの方は30歳以上の女性はお金を取るじゃないですか?
だから結婚に真剣な女性が多いんじゃないかな?
結婚じゃなくても真剣な出会いを求めている女性が多くて、それを求めた男性が多いっていう事なんじゃないかなって思う。

夢見:

ペアーズはもうちょっと緩い出会いというか、とりあえず遊ぼうみたいな、そういう感じの人が多いんですかね?

月野:

人によるとは思うけど、でもペアーズの方が全体的に使ってる年齢層が少し若い気がします。
若いって言っても40・50代の人もいるんだけど、30代ももちろんいるし。

レイ:

とりあえず両方登録しようかな。

月野:

両方登録してみて比べて見ると良いと思う。

夢見:

変な人とかいないんですか?
昔は出会い系とかって結構変な人多かったじゃないですか?出会い系みたいな感じではないって事ですか?

月野:

中にはそういう変な目的でいる人もいるのかもしれないけど。ただお金がかかるから、そういう人って1ヶ月2ヶ月で直ぐに辞めたりするなと思うんですよ。
だから暫くやり取りしてて全然問題なさそうだったら大丈夫なんじゃないかな?

レイ:

どこから登録するんですか?

月野:

普通にアプリをダウンロードしてくればできますよ。

レイ:

アプリ内でやり取りするって事ですよね?

月野:

そうです、アプリ内で。

レイ:

LINEとかあんまり教えたくないので良いですね。

月野:

全然LINEとかのやり取りする必要ないです。

レイ:

それでタダなんですね。

月野:

あとは本人認証がFacebookだから、名前は出てないけど、登録の段階でそういう名前とかの認証をペアーズとかOmiaiの方でやってくれてるから、何かの業者とかそういうのはいないと思う。

レイ:

知り合いにバレないんですか?

月野:

それ私も凄い心配したけど、Facebookで登録しているお友達は出ないようになってます。
そういう風に設定しなきゃいけないのかな?

夢見:

じゃバレないし、良い人いそうだし。

レイ:

やっぱり知り合いにバレるの絶対に嫌なんで。なら全然良いですね。

夢見:

あー声優とかいないかな?(笑)

月野:

どうだろう?もしかしたらいるのかもしれない、分からないけど。

レイ:

歌い手くらいならいそう。

夢見:

趣味レベルの歌い手だったら。

レイ:

趣味歌い手みたいな。

夢見:

カラオケとかでちょっと上手い人とか聞かされたら速攻で落ちますけどね、私。

月野:

でもイケメンで趣味がカラオケだったら良いんじゃないですか?

夢見:

良いですね、3秒で落ちますね。

レイ:

でもイケメンで趣味がカラオケかもしれないですけど、音痴かもしれないじゃないですか。

月野:

でも趣味にカラオケって書くくらいだからそんな音痴じゃないんじゃないですか?

夢見:

あ、そっかー。

レイ:

じゃ私はOmiaiかな。

夢見:

これだけ男性経験ないと、1回デートしたらすぐに好きになっちゃうから気を付けないと(笑)

レイ:

分かる。下手したらやり取りの段階で好きですよ。

夢見:

そうですね(笑)1週間で惚れちゃいますよね。

レイ:

多分速攻好きになっちゃう(笑)

月野:

でも、そうやって何人もと恋愛しないとダメだよ!
最初から出会った人と結婚したら失敗しちゃうよ?

夢見:

ああーっ!胸に刺さるゥ…。じゃ結構何人かとデートしてからちゃんと決めます。

月野:

そうそう、それが良いと思います。

レイ:

そうですね、私もちょっと頑張ってみようかな。
帰りに登録してみます。ペアーズとOmiai。

月野:

ペアーズとOmiaiがお勧めです。
じゃ頑張ってみて下さい。

レイ:
夢見:

ありがとうございます。

ありがとうございます。

 

>>オタク婚活パーティーで結婚した女性の座談会を見る

<< 座談会一覧ページ

オタク婚活体験談

コンテンツ一覧

オタク婚活座談会

オタク婚活で結婚した女性に質問!

20代オタク男女のオタ婚座談会

オタ婚女子会