恋活アプリの他に活動している事は?

インタビュア:ペアーズの他に恋活しているのはオタ子ちゃんさんが婚活パーティーに行かれている。

オタ子ちゃん:そうですね。

インタビュア:パーティーってどうなんですか?そういうオタク趣味の人に出会えますか?

オタク男子を探すのであれば恋活アプリとオタク限定の婚活パーティーにを並行して進めるのがオススメ

オタ子ちゃん:一般的な普通の婚活パーティーだと、隠している人が多くてなかなか出会えないです。でも、「オタク限定の婚活パーティー」ならオタクがたっくさんいます。

ドルオタ君:テーマが決まっているやつはよくありますよね。

オタ子ちゃん:そうです。そういうのに行けば、ちゃんとみんな出してくれるので、話をしやすいです。

ドルオタ君:いいですね。そういう人が集まっているってわかったら。なんていう婚活パーティーですか?

オタ子ちゃん:私がいっているのはパーティーパーティーのオタク婚活です。

インタビュア:そのオタクも結構いろいろな趣味があるじゃないですか。そのへんもわりと細かく分かれてるんですか?ゲーム好きとか。

オタ子ちゃん:そうですね。たとえば、モンハン街コンとか、エヴァ(エヴァンゲリオン)街コンなんてのはあります。でも、私が行っていたのは、「アニメ、マンガ、ゲーム好き」というくくりです。

ドルオタ君:三つをまとめて幅広くオタク系ですね

オタ子ちゃん:まとめてでしたね。

インタビュア:同じ趣味の人はいましたか?

オタ子ちゃん:基本的に広く浅く系のオタクでしたね。いわゆるガチオタっぽい人はあまりいませんでした。

インタビュア:そういうオタクトークでも話が合う人は多かったですか?

オタ子ちゃん:私的には話が合う人は多いですね。1個の作品が大好きでそこに集中されていると話しにくいので、逆に広く浅くの方がいろいろな話ができて楽しいです。特定の作品のガチオタクの人ってもはや仕事じゃないですか(笑)でも、ほんと趣味レベルのゆるいオタクが多かったです。

>>実際にオタク婚活へ参加した方の感想はこちら

インタビュア:ちなみにその時はカップルになれましたか?

オタ子ちゃん:カップルになれました!

インタビュア:スゴイ。

ドルオタ君:なるものなんですね。

インタビュア:でも婚活パーティーだと、行ってカップルになれれば、そこで連絡先の交換とかして、ちょっとつながれるわけですよね。

オタ子ちゃん:そうですね。そこからまたLINEとかやり取りして、じゃあ次「2人でご飯に行こうか?」になりますね。

ドルオタ君:楽しそう。そこでカップルとなると、お誘いがしやすいですね。顔を合わせているから、既読無視もあまりされないでしょうし。

インタビュア:そうですよね。

ドルオタ君:お互い気が合っている状態だし。

オタ子ちゃん:そうですね。一応両想いという形なので。

ドルオタ君:婚活アプリだとネット上でのマッチングだから、フィーリングまでは分からないけど、婚活パーティーなら実際に会ってカップリングしているから相手の事も理解しやすいですよね。

インタビュア:そっか、すぐに彼氏彼女つくれそうですね。

オタ子ちゃん:1回目のデートがその場、という感じですね。

ドルオタ君:ですよね。もう、会っているから。実際に話さないとわからないような人間性も見えてくる。

オタ子ちゃん:そうです。

インタビュア:じゃあ、婚活パーティーの方が効率が良さそうですね。

オタ子ちゃん:アプリより、2回目のデートまでが早いですね。アプリは会うまで2週間くらいでしたけど、婚活パーティーは来週行こうとかになるので。

効率の良さで比べると恋活アプリよりも直接あって話をする婚活パーティーの方が進展がしやすい

ドルオタ君:わかっているんだ。お互いにちょっと好きでもあれば、わりと早く「次会いたい。」ってなりますよね。

オタ子ちゃん:そうですね。

インタビュア:参加されている男性は、どのような方が多かったですか?

オタ子ちゃん:見た目はホント、爽やかな好青年が多いです。

ドルオタ君:その婚活パーティーって年代は決まっているんですか?

オタ子ちゃん:年代は決まっています。だいたい10歳幅で、25歳からだったら35歳までとかで、比較的同年代と出会える設定になっています。

インタビュア:じゃあ、ドルオタ君さんみたいに20代の女性と出会いたいというのも叶うということですね。

オタ子ちゃん:そうですね、20代限定というのもあります。

ドルオタ君:さらに同じ趣味、オタク婚活パーティーいいですね。

インタビュア:そうしたらペアーズとかでマッチングの検索の条件を決めるのとあまり変わりませんね。

ドルオタ君:それはやっぱり行く婚活パーティーで決めるみたいな感じですか?

オタ子ちゃん:条件を見て決めていきます。

ドルオタ君:やりやすそう。

インタビュア:オタクの婚活パーティーでも爽やかで好青年が多いんですね。

オタ子ちゃん:そうですね。ホントにオタクなんですか?っていう人が多くて、でもやっぱり仕事を聞くと、アニメ業界とかゲーム業界とかの人が多くて、そういうのが好きでその業界に入った人が多いので、根本的にはみんなオタクですね。

インタビュア:アニメとかゲーム業界だと、結構高収入の人が多かったりしませんか?

オタ子ちゃん:そうですね。私が行っているところはパーティパーティーは基本的に参加する人はみんな高収入っていう感じなので。参加条件に年収400万以上とか500万以上というのがついています。それでやっぱり高収入の人が多く集まっていますね。

インタビュア:パッと見オタクじゃないけど、よく話してみるとオタクみたいな。隠れオタクみたいな。

オタ子ちゃん:聞いてみると、深夜アニメみてます〜とか、隠れオタクが多いです。

ドルオタ君:10年ぐらい前の、いわゆるオタクみたいな見た目の人はあまりいないですよね?

オタ子ちゃん:チェックシャツにリュックとかですか?いないですね、もう。

ドルオタ君:頭にバンダナ巻いてというのは実際いないですよね。

オタ子ちゃん:昔の電車男みたいなアキバ系!って人はいないですね。

インタビュア:アイドルの集まりに行っても、そんな感じですか?

ドルオタ君:見た目は変わらないですよ。普通の人、今おっしゃったように。普段隠しているのかわからないですけど。同じコミュニティでじゃないと素を出さない人ばかりなので、それこそTHEオタクみたいな人はいないですね。

インタビュア:ドルオタ君さんも、見た目はそんなにオタクっぽく見えないですよね。普通ですよね。

ドルオタ君:隠してやっていますね。そういう人が集まっているのかもしれないですね。

オタ子ちゃん:そうです。「普段職場では隠しているので、今日、女性と出会うのもそうですけど、男性の友達もつくりたいです」という人が多かったです。

ドルオタ君:いいですね。オフ会的なね。

オタ子ちゃん:そうですね。

ドルオタ君:友達づくりにも良さそう。

インタビュア:オタクの婚活パーティーだと、やっぱりそういうオタクトークがメインになりますか?

オタ子ちゃん:オタクトークがメインですね。例えば、今期は何のアニメみてますー?とかあのキャラ可愛いですよねーとか。

ただ、やっぱり、プロフィールには好きな食べ物とか、仕事とか、住まいとかも書いてあるので、初めはそこから話を広げていって、だんだんちょっと濃いオタクの話をしたりとか。

ドルオタ君:だいたい何時間ぐらいなんですか?オタク婚活パーティーって。

オタ子ちゃん:1人6、7分くらい会話して、多くても10人なので1時間半とか、それぐらいですね。

ドルオタ君:でも、7分でもまあ、1対1だったら話せそうな感じですからいいですね、いろんな人と仲良くなれて。楽しそう。

インタビュア:確かに楽しそうですね。

オタ子ちゃん:楽しいですね。

インタビュア:お二人ともいろんなオタク婚活やオタク恋活をされているみたいですけど、ぶっちゃけどうですか?恋人はできそうですか?

オタ子ちゃん:私はかなり手ごたえを感じています!

ドルオタ君:おー。

インタビュア:強気の発言ですね。

オタ子ちゃん:婚活始める前、彼氏と別れた後の2年間、デートすらしたことがない状況だったのに、それがデートができるようになったというのは、かなり大きな一歩だったような気がするんですよ。

ドルオタ君:自分は以前と比べて、だんだんストライクゾーンが広がっているなというのはあります。前までは確かに、ドルオタなんで、「○○ちゃんが一番。」みたいなとこがあったんですけど、だんだん「あの子だったら付き合いたい。」というのが増えてきたので、そのうちできるんじゃないかなとは思い始めました。

インタビュア:現実をわりと見てきた。

ドルオタ君:現実が見えてきました。逆に、理想が低いというか、恋愛体質な人ならば、すぐ恋人ができるんじゃないかなっていう感じですね、アプリとかは。

恋活アプリにはアイドルオタクの男性も可愛いと思う女性もたくさん登録中

オタ子ちゃん:私も恋活アプリで出会って告白されたことがあります。ちょっと悩んで断ってしまったんですけど、そこでOK出していればすでに彼氏ができていた!

ドルオタ君:「こういう彼女じゃないと」ってこだわりがない人だったら、わりとすぐできそうかな。

オタ子ちゃん:出会える絶対数が多いですからね。

ドルオタ君:多いですね。

インタビュア:確かに、それをやらないと、全然出会いがないんですものね。

ドルオタ君&オタ子ちゃん:そうです。

インタビュア:そしたら、恋人作ろうにも絶対できませんからね。

ドルオタ君:ペアーズ以外にも今、自分、ゼクシィの恋結びやってるんですけど、これって1日5回「いいね」が回復するんですよ。で、Maxが60までたまるので、1日5人に「いいね」送っていれば、何人かは返って来るかもしれないので、だからそれを繰り返していればわりとすぐ彼女ができそうな感じはあります。

オタ子ちゃん:そうですね。タップルとかホントすごくて、1,000人とか来るんですよ。

ドルオタ君:1,000人!?スゴイ数が。

インタビュア:見れないじゃないですか。1,000人とか来たら。

オタ子ちゃん:見れなくてやめちゃったんですけど、でもホントに出会いを求めようと思ったら、何百人何千人と出会えるっていうのが。可能性を感じますね、いろいろな。

ドルオタ君:一つのアプリでそれだから、それ並行してやっていたら、相当女性はもう…無料だし。できそうですよね。

インタビュア:ホントそうですね。じゃあ、お二人が早く、彼氏・彼女ができることを願っています。

ドルオタ君:今が7月末だから、8月は無理かな。できれば夏休みに旅行とかしたかったけど。9月ぐらいまでをメドに。

インタビュア:じゃあ9月のシルバーウィークにはぜひ、彼女との旅行を目指して。

ドルオタ君:そこらへん、旅行を目指して。頑張ろうかな。

インタビュア:頑張ってください。今日はありがとうございました。

ドルオタ君&オタ子ちゃん:ありがとうございました。

 

<< 20代オタク男女のオタ婚座談会第4回を読む

>>オタク婚活パーティーで結婚した女性の座談会を見る

オタク婚活体験談

コンテンツ一覧

オタク婚活座談会

オタク婚活で結婚した女性に質問!

20代オタク男女のオタ婚座談会

オタ婚女子会